SellerSprite

Amazonキーワード最適化、ビックデータを用いた商品リサーチ分析ツール

タグ:#物販

こんにちは
セラースプライトです。

週間業界ニュースをまとめて取り上げます❗️

今週の注目:
1、Amazon、米国において月額$9.99で無制限の食料品配達
2、バイデン氏がTikTok「禁止」法案に署名
3、Temu、米国市場シェアの17%を奪い

2024-05-02業界情報(木)

詳しくは>>>【EC業界情報】週間ニュースまとめ(2024-05-02) | SellerSprite

优惠海报

セラースプライト拡張機能-ご利用ガイド:
★セラースプライト
Amazonキーワード最適化、ビックデータを用いた 商品リサーチ分析ツール
日本セラーに人気NO.1のアマゾンツール!★

★セラースプライトHP
★Facebook
★X
★LINE
【SellerSprite】
★Instagram
★Tik Tok
★Blog

こんにちは
セラースプライトです。

セラースプライトの「キーワード逆引きリサーチ」機能では、商品が主にどのキーワードから流入されるかを知りたい場合、「トラフィック比率」という指標に注目してください!

2
3

🔗:キーワード逆引きリサーチ|セラースプライト・キーワード最適化 (sellersprite.com)

优惠海报

セラースプライト拡張機能-ご利用ガイド:
★セラースプライト
Amazonキーワード最適化、ビックデータを用いた 商品リサーチ分析ツール
日本セラーに人気NO.1のアマゾンツール!★

★セラースプライトHP
★Facebook
★X
★LINE
【SellerSprite】
★Instagram
★Tik Tok
★Blog

こんにちは
セラースプライトです!

新商品を開発する際に、下記の2点を注意してください!
1、購入者の視点から考慮する
2、商品市場の現状、将来をよく把握する

開発方法:

1、既存商品のブラッシュアップ
a.機能性(素材、コスト)の再選定
b.柄や模様の変更
c.活用シーン、ベネフィットの改善/創作

2、全く新しい商品の開発
a.市場分析(市場規模、購入者の声、競争状況など)
b.予算、コスト、メーカーの依頼

3
4
5
6

セラースプライト拡張機能のインストール>>>こちら

优惠海报

セラースプライト拡張機能-ご利用ガイド:
★セラースプライト
Amazonキーワード最適化、ビックデータを用いた 商品リサーチ分析ツール
日本セラーに人気NO.1のアマゾンツール!★

★セラースプライトHP
★Facebook
★X
★LINE
【SellerSprite】
★Instagram
★Tik Tok
★Blog

AmazonFBAを利用すると、さまざまな手数料が請求されています。手数料は自社利益に強く関係しているので、その都度を把握しなければなりません。大まかには、2種類の手数料が分けられます。

1、商品を販売するため課された手数料
a.販売手数料
b.成約料
c.FBA配送代行手数料

2、FBA倉庫に商品を保管するのにかかる手数料
a.FBA在庫保管手数料
b.FBA在庫保管追加手数料
c.FBA長期在庫追加手数料
d.低在庫レベル手数料

今回は2024年5月1日より導入する予定の「低在庫レベル手数料」についてご紹介していきたいと思います。

2
3
4

Amazonノウハウは>>>業界情報-SellerSprite

セラースプライト拡張機能-ご利用ガイド:
★セラースプライト
Amazonキーワード最適化、ビックデータを用いた 商品リサーチ分析ツール
日本セラーに人気NO.1のアマゾンツール!★

★セラースプライトHP
★Facebook
★X
★LINE
【SellerSprite】
★Instagram
★Tik Tok
★Blog

こんにちは
セラースプライトです。

週間業界ニュースをまとめて取り上げます❗️

今週の注目:
✨CNIL、Amazonに51億円の罰金処分
✨Google対HubSpot買収は検討中
✨Temuは海外展開で3つの新たな拠点を開設

1、Amazon
CNIL、Amazonに51億円の罰金処分
3月末、フランスの情報保護当局CNILは、従業員の活動や業績に過度に監視する「システム」を導入したとしてAmazonに3200万ユーロ(約51億4300万円)の罰金を科したという。
Amazonはスキャナーを使用して、従業員のすべての作業をリアルライムで監視していることや、従業員でも外部訪問者でも監視システムに関するお知らせを受けたことがないことなどを理由にし、「情報提供及び透明性の義務の不履行」でGDPR第12条および第13条に違反することが認定された。アマゾンの広報担当者は「事実誤認がある」と反論し、今後は控訴する可能性がある。

2、Google
Google生成AI「Gemini」は不正確な画像を表示
Googleが開発した生成AIである「Gemini」は歴史的に不正確な画像を表示したため、「テスト不足」でサービスの一時的停止を発表した。同社はGeminiを搭載して画像ジェネレーターを導入し、プロンプトを入力するだけで画像を作成することができる。しかし、過去1週間にわたってオンラインでさまざまな批判を受けていた。
Google最高経営責任者のサンダー・ピチャイ氏は、「AIによって生成された画像はまったく容認できず、我々の過失に他ならない」と言及している。Geminiの間違いを修正するため、24時間体制で取り組んでいるという。

3、Google
Google対HubSpot、アルファベットにとって過去最大規模の買収?
Googleの親会社であるAlphabetがオンラインマーケティングソフトウェア会社の「HubSpot」の買収提案についてアドバイザーと検討していると報じられた。現時点では、HubSpotの時価総額は350億ドル(約5兆2000億円)になり、過去12ヵ月に株価が約50%上昇したそうだ。
また、同社は銀行大手のモルガン・スタンレーと「いくらの金額を提示すべきか」「独占禁止法規制当局がこの買収を許可するのか」などについて協議しているという。今回の潜在的な買収はアルファベットにとって過去最大規模になる。一方、各国の独占禁止法規制当局がこのような大規模取引を監視するため、今回の買収は規制当局の承認を取れないという懸念もされている。


2024-04-11業界情報(木)

詳しくは:【EC業界情報】週間ニュースまとめ(2024-04-11) | SellerSprite

优惠海报

セラースプライト拡張機能-ご利用ガイド:
★セラースプライト
Amazonキーワード最適化、ビックデータを用いた 商品リサーチ分析ツール
日本セラーに人気NO.1のアマゾンツール!★

★セラースプライトHP
★Facebook
★X
★LINE
【SellerSprite】
★Instagram
★Tik Tok
★Blog

↑このページのトップヘ