SellerSprite

Amazonキーワード最適化、ビックデータを用いた商品リサーチ分析ツール

2020年12月

2020年が終わり、2021年の新しいページを開く前に、セラーはアマゾンが今年開始した「アマゾン広告の更新」を見直す必要があります。

 

本記事では、アマゾンが2020年に展開する広告に関する重要な更新やトレンドを紹介します。

 

1、スポンサー商品広告の新ポジショニング機能

 

2020年のスポンサーシップ商品広告更新には、次のような新しい位置情報機能が含まれます。

 

商品のポジショニング:最初の大きな変化は、販売者が商品を通じて顧客を見つけることができるようになったことです(スポンサーディスプレイ広告と同様)。広告主は特定のASINまたは一般的なカテゴリーで顧客を特定することができ、さらに価格区間、ブランド名、星評価によってターゲット顧客を細分化することができます。

 

自動ポジショニング:2つ目の新機能は、スポンサー商品広告の自動ポジショニングの改善です。今では、セラーが商品の自動ポジショニングまたはキーワードの自動ポジショニングを選択することができます。

 

2020年のアマゾンプライムデーが延期されたにもかかわらず、多くのセラーがスポンサー商品の広告による前年同期比の売上高は増加傾向にあると述べています。

 

また、2020年において、スポンサードプロダクト広告の売上が最も伸びている商品カテゴリーは、ホーム&ケアに関連することが多いことが調査でわかっています。ホーム&ケア関連の商品とは、ホーム&ガーデン、雑貨、ヘルス&パーソナルケア商品などです。

 

 

f:id:sellersprite:20201230093818p:plain

 

2、ブランド広告をクリエイティブ機能を提供

 

2020年にアマゾンは、スポンサードブランド広告を以下のように更新しました。

 

・セラーが動画コンテンツを配信できるようにする新しい広告形態。

 

・商品の詳細ページを含むようにスポンサーブランド位を拡大。

 

・カスタムピクチャー広告素材はモバイルデバイスで使用できる。

 

・広告素材の編集機能を追加し、広告主が広告管理でスポンサーブランドの広告素材を編集できるようにする。

 

・新しい言語設定により、ブランドは多言語コンテンツの作成と管理が可能になる。

 

調査によると、アマゾンアメリカにおけるスポンサーブランドの広告への支出は、前年同期比47%増(2020年)で、その大部分は46%のクリック数増加によるもので、クリック単価の上昇は1%に過ぎないです。さらに、それに応じた売上増加は、2019年第1四半期と比較して、売上増加の57%を広告によるものと言われています。

 

スポンサードブランド広告はセラーにとって不可欠なマーケティングツールとなっています。現在、アマゾンでは、各検索結果ページに1つの動画コンテンツしか表示されておらず、その位置はページの4分の1に位置しています。また、あるデータによると、ビデオ広告のクリック率は従来のスポンサーブランド広告の5倍となっています。アマゾンにとっては、販売者が店舗のホームページに動画の流れを誘導できるようにすることがより重要になり、販売者がアマゾンで独自のブランドを築き続けることができるようになるでしょう。

 

f:id:sellersprite:20201230093837p:plain


 

 

3、新しいスポンサー広告は、ブランドのポジショニングにおける優位性を高める

 

スポンサードディスプレイ広告は、購入者が関連するアマゾンのショッピングキャンペーンに基づいて、自動的にオーディエンスを生成します。スポンサー広告ポジショニングのオプションを使用すると、関心程度と商品ページの閲覧数に基づいて視聴者を引き付けることができ、ブランドは競合他社において優位を占めることができます。

 

4、DSP Audience Builderでオーディエンスを作成

 

2020年、アマゾンはDSPオーディエンスビルダーというセルフサービスのツールを発表しました。セラーは、商品を見たカスタマー、商品を購入したカスタマー、類似商品、商品検索に基づいて広告のオーディエンスを設定し、カスタマーに商品広告をプッシュすることができます。

 

5、より多くのクリエイティブなツールを使ってブランドイメージを構築

 

アマゾンのブランドイメージは、セラーがブランドの認知度を高め、カスタマーと交流し、信頼を築くために重要なものです。2021年にはセラーがアマゾンで独自のブランドイメージを構築するためのツールがこれまで以上に多くなります。

 

6、アマゾンの外部トラフィックの有効性を測る新しいツールが登場

 

長い間、アマゾンの外部トラフィックの有効性をどのように分析するかは、セラーにとって課題となってきました。Amazon Attributionの登場により、セラーは初めて、それぞれの広告チャネルの有効性を分析し、それぞれのチャネルの広告が売上に与える影響を理解することができるようになりました。

 

Amazon Attributionは、セラーのニーズに応じて、各広告チャネルのパフォーマンスを報告し、セラーが広告における重要な変数を継続的に最適化することで、売上増加(in-flight optimization)を最大化できるようにします。

 

また、セラーはAmazon Attributionで各広告チャネルのパフォーマンスをレビューし、関連するアマゾンのオーディエンスを分析して、投資対効果を最大化するための将来のマーケティング戦略を計画することもできます。

 

7、ビデオやOTT広告の台頭

 

広告の発展に影響を与える最大のトレンドの1つは、ストリーミングビデオの視聴率の急速な上昇です。現在、すべてのインターネットトラフィックの80%を占めています。推定によると、現在1億4700万人の米国の大人が、Hulu、CBS All Access、Sling及びRoku、Amazon Fire TV、Apple TVなどのデバイスを介してストリーミングビデオにアクセスしています。この広告形式はOTT(オーバー・ザ・トップ)ビデオ広告と呼ばれています。

 

2019年に初めて導入された「アマゾンOTT動画広告」は、独自の機能と「アマゾン・ファーストディバイド・データ」によって急速に注目を集めました。OTTビデオ広告は、販売者のブランドパフォーマンス・プログラムと幅広い販売目標をサポートするのに役立ちます。

 

f:id:sellersprite:20201230093853p:plain

セラースプライト拡張機能を使ってマイニングしたキーワードは、検索のボリューム順に並び替えっていて、上位ランキング(降順)にしたキーワードは、このASINに高い注目度をもたらしたキーワードが示されます。

 

例えば、収納というカテゴリーのキーワードをマイニングしたい場合、

 

まずアマゾンで「収納」を検索します。そしてセラースプライト拡張機能を開くと、キーワードの人気度に基づいてその検索順位を表示されています。

 

データ:セラースプライト拡張機能

 

注目キーワードは商品のタイトルや検索キーワードから抽出されたワードではなく、それはカスタマーの検索行動から抽出されたキーワードです。

 

そのため、Listingの最適化を行う際には:

 

・ライバル商品の注目キーワードに基づき、自分の商品に適したListingキーワードを選び出して、そのキーワードを商品の各要素に浸透させることが必要です;

 

・外部広告をする際にもURLに最適なキーワードを配置します;

 

・CPC広告を配信する時に、ライバル商品の注目キーワードに基づいて的確な配信を行います。

アマゾンでショッピングといえば、画像が商品そのものです。良い商品画像は、有料広告のトラフィックと自然なトラフィックのクリック率を増加させることができ、商品の詳細ページのコンバージョン率を向上させ、最終的には売上を向上させます。そのため、セラーは商品画像を重視しなければなりません。

 

では、今日は商品のコンバージョン率を上げる7種類のアマゾンの商品画像と、アマゾンの商品画像の3つのウェブサイトについてお話しましょう。

 

コンバージョン率を高める7つのアマゾン商品画像

 

01アマゾン商品のメイン画像

 

メイン画像は、Listingの最も重要な画像です。これは有料広告と自然検索の結果をクリックした後に、商品リストに載っている最初の画像です。だからセラーにとっては、アマゾンの商品のライフサイクルの中で、あなたに利益をもたらしてくれる高品質な商品画像への投資が必要です。

 

商品メイン画像の要件:

 

1500×1500ピクセル(アマゾンの方針に合わせて、ズームがうまくできる);

 

商品は画像の約85%のスペース(最も人目を引く)を占有することが望ましい;

 

光は十分で、背景は純白でなければなりません(背景が純白でないことはアマゾンに修正される);

 

メイン画像はテキスト、ロゴ、透かし、商標などを厳禁(商品自体のロゴに関係することがオッケー);

 

商品およびその関連部品や道具(注文書に含まれていない部品や道具は含まない)。

 

また、商品のパッケージが味気ないものであれば、まず、高品質でデザインの良いパッケージに投資することを確保して、このように商品の画像もより魅力的になります。

 

 

02アマゾン商品のサブ画像

 

商品のメイン画像を設定したら、メイン画像では強調されなかった商品特性を補足するために、商品のサブ画像を追加しましょう。

 

商品サブ画像の要件:

 

重要な詳細のクローズアップ画像;

 

様々な角度からの画像;

 

商品パッケージの画像;

 

箱を開けるアクセサリーの画像;

 

商品の違う状態画像(折りたたむ、広げる、開く、閉じるなど)。

 

 

03プレミアムアマゾンイラスト

 

商品のメイン画像と商品のサブ画像をアップロードした後、商品を際立たせるイラストを追加することもできます。イラストのビジュアルは、テキストよりも素早くお客様に商品のポイントを伝えることができるからです。

 

04商品説明画像

 

商品の組み立てや使用方法が異なる場合は、購入前に商品の使いやすさを示すことで、お客様の時間を節約することができます。入念に設計された商品使用説明画像は、コンバージョン率を高めるだけでなく、購入したことのないお客様に商品を正しく使ってもらうことで、商品の返品率を減らすことができます。

 

05シーン画像

 

アマゾンの商品Listingでは、商品の使用シーンの画像は非常に価値があります。スペースがあれば、モノを見せながらメリットやポイントをアピールしてみてはどうでしょうか。商品の特徴にストーリーがあり、商品の特徴を強調した実物画像がストーリーを表しているのであれば、実物画像に商品の特徴を強調したイラストを入れてもよいでしょう。

 

06商品の信頼性を高める画像

 

どんな商品であれ、食品であれ、パーソナルケア商品であれ、伝統的なパッケージ商品であれ、消費者の信頼性を高めるには、使用が許可されている認証済みのロゴを追加することで、お客様はあなたの商品が品質検査および認証済みであることを一目で知ることができます。

 

07品質保証期間やアフターサービスの約束の画像

 

アマゾンは、商品リスト上の画像での宣伝を禁止していますが、画像の部分に保証期間や保証期間内のサービス承諾書の画像を入れることはできます。これにより、顧客はブランドを信頼して安心して購入し、コンバージョン率を高めることができます。

 

アマゾン・プロダクトグラフィック・ウェブサイト

 

7種類の画像タイプをご紹介しましたが、ここではアマゾンの商品画像に関するリソースサイトをいくつかご紹介しましょう。

 

1 upgraded images

 

upgraded imagesはカリフォルニア州パサデナに拠点を置いており、世界中のお客様から商品画像の注文を受けています。パッケージを選択すると、商品のグラフがプレビューできます。ご不満の場合は変更をお願いし、最終的にサービス料をお支払います。完成するとHDの商品画像が圧縮パッケージファイルの形で送られてきます。

 

2  Fiverr

 

低コストでありながら専門的なイラストレーションを入手したい場合は、fiverrをご覧ください。サイトの検索バーに「amazon listing images」と入力して検索できます。サイト上のプロの作品集やレーティングを見て、画像を購入し、商品のサイズや仕様を提供すれば、すぐに画像を入手できます。

 

3 PickFu

 

すでにいくつかの画像を持っているが、どの画像を使うかわからない場合は、その画像をpickfuにアップロードして、購入者からの返信を確認することができます。複数の画像をアップロードすることができ、視聴者はどの画像を好むかを選択することができます。結果はデータグラフで簡単に見ることができます。

 

4 セラースプライト拡張機能‐画像ダウンロード機能

 

以上のサイトでも面倒だと思えば、セラースプライト拡張機能の画像ダウンロード機能を是非利用してください!ライバル商品のマイン画像を一括でダウンロードできるし、簡単・便利に自社商品の画像として使えます!

 

 

まとめ

 

いずれにせよ、アマゾンのポリシーでは、上記の7種類の画像(通常は9枚、カテゴリーによって異なる場合がある)をアップロードすることをお勧めしています。これはあなたの商品をできるだけ視覚化して説明するだけでなく、視覚的なコンテンツがたくさんあるため、アマゾンのA9アルゴリズムが検索を最適化し、コンバージョン率や商品ランキングを向上させ、より多くの人があなたの商品を購入できるようにします。

 

高品質の商品画像に投資することは重要です。アマゾンの商品サイクルを延長し、ビジネスの成功につなげています。

セラースプライト拡張機能‐キーワードマイニング機能は、季節性の表示を追加しました!

 

データ:セラースプライト拡張機能

 

アマゾン商品ページにセラースプライト拡張機能を開くと、その場で各商品キーワードのシーズンが確認できます~

 

一目瞭然でその商品の季節性・祝日性を把握します!

 

データ:セラースプライト拡張機能

 

数値をクリックして、具体的に検索数データが見られます~

 

早速試して見よう!

1.Listingの画像について

 

—マイン画像は最も重要な部分

 

—商品の良い画像へ投資

 

—3dレンダリング

 

—プロカメラマン

 

—ライバルが使っている画像をチェック

 

—添付の商品画像が販売数を増加させたか?

 

—A+ Contentで商品を展示したか?

 

 

2.価格設定について

 

商品の価格を高く設定しているのか、あるいは商品の価値が価格に反映されていないのかを考えてください。

 

顧客は価格を気にしないで、彼らは価値を気にしますから!

 

①研究

 

販売を開始する前に、商品を検討する必要があります。

 

ライバル商品の否定的なコメントを読み、自社商品に修正できるようにしましょう。

 

ライバル商品の欠点ではなく、彼らのすべての長所を持っていることを確認しましょう。

 

②縛る

 

単独で売るのではなく、他のものと一緒に縛って売りましょう。

 

例えばUSB旅行充電器を販売している場合は、充電器の旅行収納パッケージと一緒に販売することとか。ノートを売っている場合は、ペンと一緒にし売ることとか。これはカスタマーにお得だと思わせて、しかもあなたの商品の価格が高くないことを証明できるからです。

 

③知覚の価値

 

たとえばきれいな包装は、実際よりも価値のある商品に見えます。商品に価値があるわけではありませんが、価値があるように見えます。

 

④実効価値

 

これらは厚さ、耐久性、可用性、電池寿命などの品質の特徴です。ライバル商品からのネガティブフィードバックを分かったことで、これらを改善することができます。

 

したがって、これらの条件をすべて揃えておけば、より高い価格で商品を販売できるようになります。

 

3.シーズンに間に合わなかったから?

 

—販売されている商品は季節商品なのか?

 

—google検索のトレンドをチェック

 

—過去の同時期の販売をチェック

 

—現在の検索傾向がどう変わっているを判断

 

 

Listingの問題を考える時、以上の3つのポイントはよく無視されていることです。お役に立てていただければ幸いです。

↑このページのトップヘ