SellerSprite

Amazonキーワード最適化、ビックデータを用いた商品リサーチ分析ツール

今回はセラースプライトを活用して、Amazon直販との価格競争を避ける分析法ご紹介いたしますので、ご参考にしていただければと思います。
では"Baby Gyms & Playmats"という市場を例としてご説明させていただきます。
"Baby Gyms & Playmats"というと、市場ニーズが明らかで、製品を開発する難易度も低く、一見参入できそうな市場であるものの、実際はどうなのか?

图片1
では、カテゴリー"Baby Gyms & Playmats"でトップ100の商品データを抽出して、市場ニーズを分析しましょう。

1、市場規模分析

图片2

图片3
上記のグラフより、トップ100商品の月間販売数は59745個で、市場シェアの推移がほぼ横ばい状態で判断できます。また、トップ商品の販売数の独占度は高くなく、1位の商品の月間販売数は4228個で、全体の7.47%を占め、100位の商品の月間販売数は153個で、全体の0.27%を占めています。100位の商品でも、毎月200ロット以上の出荷があるという可能性が高いです。

2、トップ100ブランドの分布

图片4
トップ100商品が44のブランドに分かれていて、トップ10ブランドが市場販売数の79.5%を占めています。また、下位ブランドの販売数も悪くなく、11位から44位までのブランドの月間販売数はおよそ200~1500個でと確認できます。

3、トップ100セラーの分布

图片5
图片6
上記のグラフより、 Amazon直販が市場販売数の59.62%を占め、市場シェアが最も高いと判断できます。それで、その市場に参入することを諦めるしかないのでしょうか?
そうではないかもしれません。
では、商品の販売期間を分析しましょう。

4、販売期間分布

图片7
上記のグラフより、この商品販売期間の幅は大きいと判断できて、1ヶ月以内に発売された商品から、3年前に発売された商品まで様々である。発売後3年以上の古い商品に対する市場の反応が良く、市場販売数の32.54%を占めています。同時に、発売後1ヶ月から半年までの新商品に対する反応も良く、市場販売数の5.64%を占めてます。すなわち、この市場は、新規参入或いは長期的・継続的な販売、どちらにも適している。

では、上記の棒グラフをクリックして、具体的な商品データをしましょう。
图片8
発売後1年以上の古い商品の大半はAmazon直販の大手ブランドの商品で、50ドル~150ドルという価格帯に分けられます。


图片9
発売後1ヶ月から半年までの新商品の大半は新ブランドの商品で、20ドル~50ドルという価格帯に分けられます。

従って、価格差別化戦略或いは商品ページ作りを通じて、この市場の一角を占めることができます。

市場分析というのは、どうすればいいのか。今回はその分析手法を皆さんにご紹介します!
まず、セラースプライトの「市場リサーチ」機能で、対象国を「フランス」に選択して、新商品の定義を「六ヶ月」に選択してから、「リサーチ」ボタンをクリックします。
そして、新商品数を降順で並べ替えたら、すぐ下記の市場を見つけることができます。何とか、この市場の新商品数の割合は25.68%に達しました。图片1

アマゾンサイトを開いて、best sellersページでこのカテゴリーを 選択します。対象カテゴリーでトップ100の商品はいずれも「腹筋ベルト」という商品です。腹筋ベルトは高性能の腹筋トレーニングベルトで、自動的に振動により腹筋を鍛えられます。
BSR页面

市場分析

市場規模

图片2
「amazon.com」と比べると、市場規模は小さいですが、市場ニーズがあって、トップ100商品の月間販売数は3919個で、74個の見本商品に分かれています。また、市場シェアの推移がほぼ横ばい状態で判断できますので、この市場ではまだ少数の商品に独占されていないと思われます。紫色の新商品が広く分布していて、トップ10商品の中で、新商品は六つありますので、新商品がこの市場に参入できる余地が大きいと考えられます。

ブランド分布
图片3

セラー分布
图片4

トップ100の商品は56個のブランドと58人のセラーに分けられています。また、市場シェアの推移がほぼ横ばい状態で、この市場ではまだ少数のブランドに独占されていないと思われます。また、Amazon直販の商品はただ全体の4%を占めて、市場シェアも低いと判断できます。

レビュー数分布
图片5
レビュー数が1から50の商品数が一番多く、54商品があり、52%の市場シェアを占めています。レビュー数200以上の商品がありませんか。従って、新規商品はレビューが少なくても同カテゴリで競い合っていくことが可能です。参入直後の、レビューを増やしていくためのコストも高くはないと考えられます。


上記の分析より、「amazon.fr」でこのカテゴリーに参入する余地が大きいと思われますが、ほかの国のアマゾンサイトに対してはどうなるのでしょうか。

「amazon.com」で、キーワード「Muscle Toner」を入力して、該当商品の所属末端カテゴリーの売れ筋ランキングを開きます。しかし、末端カテゴリー「Core & Abdominal Trainers」で、腹筋ベルト以外、ほかの商品もあります。では末端カテゴリー「Core & Abdominal Trainers」を分析しましょう。
BSR页面us

市場分析

市場規模
图片6

トップ100商品の月間販売数は56513個でです、一位と二位の商品を除いて、ほかの商品の市場シェアの推移がほぼ横ばい状態で判断できます。紫色の新商品が広く分布していて、「amazon.com」でも、新商品がこの市場に参入できる余地が大きいと考えられます。

ブランド分布
图片7
トップ100の商品は72個のブランドに分けられています。また、市場シェアの推移がほぼ横ばい状態で、この市場ではまだ少数のブランドに独占されていないと思われます。

セラー分布
图片8
トップ100の商品は71人のセラーに分けられています。また、市場シェアの推移がほぼ横ばい状態で、この市場ではまだ少数のセラーに独占されていないと思われます。

販売期間分布
图片9
6ヶ月以内に発売された新商品は36個あり、市場全体の販売数の29.5%を占めています。新商品対する市場の反応が良いと判断できます。「半年」、「三ヶ月」、「一ヶ月」棒グラフをクリックして、 その中で腹筋ベルトが大半を占めるということ分かります。

では、アリババで対象商品を探してから、セラースプライトの利益計算機を利用して、利益率の計算を行います。
图片10
图片11

仕入価格は4ドルで、販売価格は35.99ドルで、FBA倉庫への納品送料は2.5ドルで、Amazon広告費を10%に設定すれば、利益率を自動的に算出できます。すなわち、単なるAmazonで広告を出稿するだけで、50%の粗利を確保することもできます。

まとめ
まず、セラースプライトの「市場リサーチ機能」を利用して、新商品数によって、新品の割合が大きいカテゴリー「腹筋ベルト」を見つけました。「amazon.fr」のこの市場の状況を分析すると、この市場はまだ少数の商品、ブランド、セラーに独占されず、参入する余地が大きいと考えられます。
従って、ほかのアマゾンサイトでこの市場の状況を把握するために、セラースプライトを利用して、「amazon.com」でこの市場の状況を分析しました。「amazon.fr」との状況はほぼ同じです。
対象国によって、市場状況も異なる可能性がありますので、商品をリサーチする際に、発見した商品の対象国サイトだけでなく、ほかのサイトでの市場分析を行う必要もあります。

2000年11月1日、Amazon.comの日本語版サイト「Amazon.co.jp」はオープンしました。そして、2007年にAmazonプライムのサービスを開始して以来、「Amazon.co.jp」は事実上1社が独占的に提供する電子商取引として、日本最大を誇るECサイトとなります。日本人口は約1.3億で、ネット普及率は83%であり、「Amazon.co.jp」の日間訪問者数が4000万人に達しました。2022年になると、日本EC市場規模が1130億ドルをを突破する見込みです。
「Amazon.co.jp」で売れる商品を開発するためには参入する市場について考える必要があります。セラースプライトは国内トップクラスの技術力を結集して、「市場リサーチ」機能を開発しました。
 市場リサーチ機能を活用することで、「Amazon.co.jp」を丸裸にすることができます。

「Amazon.co.jp」細分化された市場数:10925
图片1

商品平均レビュー数は50件以下の市場数:3878、35%

图片2

A+商品なしの市場数:4480、41%

图片3

商品平均価格は2000円以上の市場数:7431、68%


图片4

フィルターリング機能によって、様々な条件で絞り込んでリサーチすることができます。市場規模、競争環境、市場ニーズなどの情報をワンクリックで取得できます。15万以上の市場分析レポートを収録して、市場調査に必要なあらゆる情報を揃えています。また、市場にはどのような商品があるのか、どのような商品が売れているのかを同時に調べることもできます。

↑このページのトップヘ