SellerSprite

Amazonキーワード最適化、ビックデータを用いた商品リサーチ分析ツール

タツーシールはアマゾンで常に見られるおすすめ商品ですが、アマゾンでの売り上げは一体どうですか?今日はこの商品の分析を行いたいです。
 
まず、セラーたちがタツーシールに対する主な問題をまとめます:
 
1.タツーシールの売り上げはどうですか?一日どのぐらいの注文がありますか?
2.タツーシールは季節性がありますか?夏を過ごしてからまだ注文される可能性がありますか?
3.この商品は本当にアマゾンで販売すべきなのか?
4.他になにかおすすめできる商品がありますか?
 
1.タツーシールの売り上げはどうですか?一日どのぐらいの注文がありますか?
 
タツーシールの売り上げは如何に集計して分析するのか?タツーシールがあるサブカテゴリーのベストセラートップ100商品の売り上げを分析します。カテゴリーのトップ100は、最も消費者たちに信頼されている商品であり、重み係数が高くてアクセスが多いな商品ですから、市場の消費行為データをよく示して、サブカテゴリーの縮図です。
 
市場規模
1

2

タツーシールの市場規模は注文69,079件、販売数グラフのトレンドは安定し、まだ少数の商品に独占されていないと示しています。紫色の円柱が多いですから、新商品が活躍していると判断できます。
3

4

円柱をクリックすると、商品の詳しい販売データがあります。トップ1の月間販売数は2549、トップ100の月間販売数は334、つまりトップ100の最下位でも販売数が悪くないです。
 
集中度グラフ
5

6

ブランド集中度とセラー集中度から分析すると、トップ100商品が54個のブランドと55人のセラーに属しています。そして、グラフトレンドが安定し、まだ諸数のセラーかブランドに独占されていない、消費者が買い物するときに、まだブランドとセラーに対する依頼性が高くないです。同時に、新商品と新セラーを表す紫色の円柱が分布していますから、新ブランドと新セラーが参入するのは難しくないと意味しています。
 
よって、いままでの販売データを見れば、タツーシールの市場はまだ少数の商品、ブランド、セラーに独占されていない、新商品に対しては優しいです。トップ100商品の中に六ヶ月以内に発売された商品が少なくない、最下位もまだ334件の注文があり、総販売数は良いです。
 
2.タツーシールは季節性がありますか?夏を過ごしてからまだ注文される可能性がありますか?
 
これまでは目前の販売状況を分析しましたが、さらに市場の未来を知るために、つづいて、Google trendsとセラースプライトのデータボードを結び付けて、未来の販売状況を予測します。Google trendsでキーワード" Temporary Tattoos"の検索ボリュームを確認することによって、タツーシール市場近年の注目度とニーズを判断します。並びに、セラースプライトの過去データで、タツーシールの具体的な販売状況を確認します。
 
Google trends
7

Google trendsでキーワード“Temporary Tattoos”五年以来の検索ボリュームを見ると、その変化が大きくない、そして明らかな季節性もありません。毎年の10月20日から11月1日の間に検索のピークが現れます、この時期はハローウィンですから、祭りのタツーシールがヒット商品になります。
 
3.この商品は本当にアマゾンで販売すべきなのか?
 
一つ具体例を挙げます。これは金属光沢のタツーシール、セラースプライトでこの商品の詳細情報を調べます。
8

トップ100商品の中に第16順位を占めて、月間販売数は1060、価格は9.97ドル、レビュー数は181、星評価は4.3星、発売日付は2016年12月5日。続いて、Keepa機能を通して過去データを確認します。
 
Keepa
9

Keepaボタンをクリックすると開くます。この商品は発売から8月まで約1000日を経ました。この間に価格は安定し、ときどき8.5ドルから10ドルの間に小さな変動があり、レビュー数とランキング順位が安定的に成長しています。
総じて、この商品は2017年に発売から二年間にレビューをだんだん累積して、星評価も4.3まで至りました。消費者がこの商品に満足度が高い、向上させる空間が大きくないと判断できます。この商品はすでに競争の障壁になりました。新セラーが類似品で市場に入るのは難しいです。セラーが供給経路の優位性が有る限り、この商品の特徴を結び付けて、差別化された商品で入ります。
 
4.他になにかおすすめできる商品がありますか?
 
前文の商品で市場に入りにくい原因は、販売期間が長いですから、商品の重み係数が高いため、競争の障壁がすでに形成しました。だから、逆転の発想を用いて、トップ100商品の中に新発売、販売数がいい、レビュー数が少ない、芝居が低い商品を参考にすれば、相対的に効率が高いです。
 
商品レビュー数範囲
 
トップ100商品のレビュー数グラフに、レビュー数が50件以下の商品は48件、円柱をクリックすると、参考になれる見本を調べられます。
 
レビュー数が50件以下の商品
 10
11

円柱をクリックするといずれの販売状況を確認できますから、その中に参考見本を見つけます。紫色の円柱は3ヶ月以内に発売された新商品と占めます。
 
01
12

短時間タツーキット、発売日は2019年8月3日、レビュー数20、月間販売数1014、値段15.99ドルです。
 
02
13

顔タツー、発売日は2019年10月1日、レビュー数は18、4.9星です。

実際にAmazonで販売すると分かりますが、検索結果がAmazonの売上に大きく影響し、検索上位に表示させるためには有効なキーワードの設定が必要です。今回はAmazonキーワード設定、商品ページに流入を増やす方法についてまとめていきます。
Amazonで検索上位を目指すためには、まず、商品ページへの流入数、クリック数と転換率を上げなければなりません。また、アマゾン「A9」システムにより、特定のキーワードで商品を検索する際に、最も購買につながる商品から順に表示していくことになります。すなわち、「A9」システムの特徴を掴む必要もあります。A9が商品ページを評価するポイントは商品のカテゴリ、タイトル、説明文、箇条書き、検索キーワードやレビューなどがあります。

1、キーワード設定のコツ
商品タイトルの設定:ビッグキーワード+ブランド名+スモールキーワード+素材または主な特徴・商品種類(個々の英単語の頭文字を大文字にして、接続詞や冠詞は小文字で記載します。)

注意事項:
1.1 キーワードを設定する際に、なるべく単語或いはフレーズを使って、必要以上のキーワードを切り捨てます。
1.2 商品と関連性の高いキーワードを順に入れて入力します。
1.3 重複するキーワードを設定しません。
1.4 効果的なキーワードを入力します。主観的な表現を使用しなくて、一般的にあまり使わない略語をを入力することもお勧めしません。
1.5 ユーザーが調べる順番に単語を配置して、入力ミスを避けます。
1.6 データを結び付けて分析して、キーワードを絶えずに最適化する必要があります。

2、最適なキーワードの見つけ方
2.1 Amazonでは、検索バーに単語を入力すると、関連するキーワードが自動で表示されます。ビッグキーワードだけでなく、組み合わせキーワードなども入力する必要があります。そして、この手順を繰り返すと、膨大な量のキーワードを集めることができます。そして、キーワードを設定する際に、関連性の 高い順に入力します。
2.2 eBay、AliExpressなどの通販サイトで、販売したい商品を検索して、関連するキーワードが得られます。ヒット率の高いキーワードは、競合他社のサイトも狙っているでしょう。そして、購買意欲の高いユーザーをゲットするために、関連性の高いキーワードを絞り込みます。
2.3 視野を広げて、客層の情報を集める努力が必要です。海外のネット通販サイトから商品をリサーチして、顧客がどのような商品を求めているのかを知ることで、顧客のニーズとヒットキーワードを把握できます。
2.4 Amazonリスティング広告を出稿する際に、幾多の推奨キーワードがありますので、これらのキーワードを利用して、自らの商品ページを最適化することもできます。
2.5セラースプライトの「キーワード逆引きリサーチ」機能と「キーワードマイニング」機能を利用します。「キーワード逆引きリサーチ」機能で、ライバル商品のASINを入力することで、その商品が検索されるキーワードを洗い出すことができます。「キーワードマイニング」では、関連キーワードをリサーチすることができます。特定のキーワードを入力すると、そのキーワードの関連キーワードや複合キーワードを表示します。表示された関連キーワードで、タイトルの設定やスポンサープロダクトのキーワード設定に利用できます。

3、検索上位に表示されたものの、流入は依然少ないのはなぜですか?
その原因は二つあります。一つは適切なカテゴリーノード、キーワードを選定しません。もう一つは顧客の目を引ける商品画像とタイトルは設けられないということです。
自然検索と広告からの流入割合が低い場合は、外部サイトからの流入割合を高める必要があります。外部サイトからの流入経路には、大きく分けて、ブランド通販サイトからの流入、FacebookやPinterest、YouTubeなどのSNSからの流入、クーポンサイトからの流入という三つあります。これらの経路によって、流入を増やすこともできます。  

Amazonで商品を販売していると、このような悩みが出てきます。
どのような商品を取り扱うべきか。
Amazonのレッドオーシャン化した市場から「ブルーオーシャン」を作り出せるのか。
市場ニーズ、市場規模、競争環境などの情報を如何に取得できるか、どのように分析するのかなど。
色々なの悩みはありますでしょうか。今回は皆さんの悩みを解決するために、セラースプライトの「市場リサーチ」機能を利用して、市場分析を簡単にできる方法を徹底解説していきます。皆さんも試しにリサーチしてみてください。

一、市場の発見
カテゴリー「Health & Household」を例に挙げて説明していきます。セラースプライトの「市場リサーチ」機能のページを開いて、対象国を「アメリカ」に設定してから、「Health & Household」というカテゴリーを選択します。
图片1
新商品定義を「三ヶ月」、見本商品数を「トップ100の商品」、トップ商品数を「トップ10商品」に設定します。新商品数を降順で並べ替えたら、すぐ下記の市場を発見できます。
カテゴリーツリー: Health & Household › Household Supplies › Paper & Plastic › Disposable Drinkware › Straws
图片2
新商品数の割合が43%に達して、そして、Amazonでこのカテゴリーの売れ筋ランキングを見ると、ストローセットが一番多いようです。ストローが軽いし、体積も小さいので発送に便利だと思われます。
图片3
また、上記の画像より、以下の情報が得られます。
1、月間総販売数は221095で、月間平均販売数は2210で、市場規模が小さくないと判断できます。また、Amazonでの商品総数は6900で、需要量より供給量が少ないと考えられます。
2、見本商品の月間平均販売数、月間平均売上高とトップ商品の比率が小さいので、市場独占度が高くないと判断できます。
3、新商品の平均価格は見本商品の平均価格より高いので、新商品がこの市場に参入する際に、価格競争は避けられます。
4、平均星評価は4.6点で、つまり、アフターフォローや返品交換のコストも低いです。
5、A+商品の割合はたったの3%で、ページづくりの難易度もそれほど高くはなさそうです。
6、Amazon直販商品の割合は1%で、この市場はアマゾン直販から受ける影響が小さく、一般セラーの参入チャンスは高く、自社発送セラーにとっても悪くない環境と言えます。
7、新商品の平均レビュー数は63件で、つまり、新商品数はレビューが少なくても同カテゴリで競い合っていくことが可能で、レビューを増やすのも容易でしょう。

二、市場ニーズ分析
まず、需給指標から市場ニーズと需要・供給の関係を確認しましょう。
需給指標=ビッグキーワード検索数/総商品数

市場ニーズとトレンド
图片4
このカテゴリーで、トップ5商品のビッグキーワードの直近3年の月間検索数トレンドにより、以下の情報が得られます。キーワード「straws」の月間平均検索数は10万余りで、また、直近一年、キーワード「reusable straws」の月間検索数は50万に上りました。しかし、Amazonで、このカテゴリーでの総商品数はたった6900ですので、需給指標の数値が大きく、需要量より供給量が遥かに少ないため、市場競争が激しくないと考えられます。しかも検索数がほぼ横ばいで推移していますので、明らかに「季節性」はありません。

三、市場独占度分析
商品集中度(25%)
图片5
ブランド集中度(59%)
图片6
セラー集中(47.1%)
图片7
トップ100の商品は56個のブランドと63人のセラーに分けられています。また、市場シェアの推移がほぼ横ばい状態で、この市場ではまだ少数のブランドとセラーに独占されていないと思われます。また、紫色の新商品が広く分布していて、トップ10商品の中で、新商品は三つありますので、新商品がこの市場に参入できる余地があると言えますでしょう。

セラータイプ分布
图片8
この市場の検索結果100件の中で、アマゾン直販商品は1%のみで、販売数シェアも非常に低いです。

四、市場競争度分析
販売期間分布
图片9
発売後3ヶ月から1年までの新商品は市場シェアの34%を占めて、新商品の売れ行きは非常に高いです。
発売後3年以上の古い商品も市場シェアの14%を占めて、商品のライフサイクルは長いと判断できます。

発売トレンド分布
图片10
トップ100商品の中で、一番早いものは2013年発売ということです。つまりこの市場自体のライフサイクルは短くないです。また、2017年-2019年に発売された商品の市場シェアが一番高いです。

レビュー数分布
图片11
レビュー数が1から50、100から200と500以上の商品の市場シェアが高くて、この市場の顧客は新規商品に対して受容性が高く、新規商品にとっては参入チャンスが多いと考えられます。

星評価分布
图片12
この市場のトップ100商品の星評価は主に星4以上で、星評価4.5点以上の商品の市場シェアが一番高く、74.93%に達しました。すなわち、商品に対する満足度が高く、改善の余地も少ない、アフターフォローコストも低いです。

価格分布
图片13
価格分布トップ100の商品が主に「0-10」ドルの価格帯に分布していています。従って、この市場に参入する際に、海上輸送でコストを削減してもよいですし、或いは、より軽くて、繰り返し利用可能な商品を選んで、高価格帯に参入してもよいと考えられます。

五、該当商品探し
图片14
「トップ商品リスト」をクリックすると、「ライバル商品リサーチ」機能のページへジャンプします。この機能を利用して、カテゴリー内の商品詳細情報を見ることが出来ます。一度見たところ、すぐ下記の商品を発見しました。
图片15
この商品は2019年4月に出品されて、レビュー数55件で、星評価4.7点で、しかも月間販売数も低くないです。商品画像右側のアイコンをクリックすると、Amazon商品ページへ飛び閲覧できます。
图片16

六、利益計算
アリババで該当商品を探してから、利益計算を行いましょう。セラースプライトの「ライバル商品リサーチ」機能のページで、利益率の数字をクリックすると、利益計算機が表示されます。
图片17
图片18
仕入価格を1.62ドル、販売価格を6.99ドル、FBA倉庫への納品送料を0.3ドル、広告費を10%に設定すれば、12.91%の利益率が算出されます。
この商品は生活必需品で、屋外で食事をする際に使えます。現在、人々の環境意識が高まって、環境汚染を防止するために、環境にやさしい商品を選定した方が良いでしょう。
また、サプライヤーがあれば、ストロー、皿などをセットで販売してもよいです。

まとめ
市場分析って、想像以上に簡単でしょう!
市場の発見‐市場ニーズ分析‐市場独占度分析‐市場競争度分析‐該当商品探し‐利益計算
商品リサーチの方法を身につけた上で実際にどのような商品を扱えば利益が出るか事前に勘を養っておくことも重要ですが、セラースプライトの「市場リサーチ」機能を利用して、上記の流れでリサーチすれば、素人でも簡単にできるでしょう。

↑このページのトップヘ